写真・図版 | 【前編】『ポーの一族』続編のきっかけは“有名作家”の…萩尾望都が明かす〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【前編】『ポーの一族』続編のきっかけは“有名作家”の…萩尾望都が明かす 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

萩尾望都(はぎお・もと)/1949年、福岡県生まれ。69年にデビューし、『ポーの一族』『イグアナの娘』などの作品を次々と発表。SFやファンタジー、ミステリーなど幅広い分野を描き、世代を超えて多くのファンがいる。『バルバラ異界』で日本SF大賞を受賞。2012年、少女漫画家として初の紫綬褒章を受章。手塚治虫文化賞、朝日賞など受賞多数。代表作『ポーの一族』を中心に50年の軌跡をたどる原画展「萩尾望都 ポーの一族展」が東京・松屋銀座(7月25日~8月6日)を皮切りに各地で開催の予定。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

萩尾望都(はぎお・もと)/1949年、福岡県生まれ。69年にデビューし、『ポーの一族』『イグアナの娘』などの作品を次々と発表。SFやファンタジー、ミステリーなど幅広い分野を描き、世代を超えて多くのファンがいる。『バルバラ異界』で日本SF大賞を受賞。2012年、少女漫画家として初の紫綬褒章を受章。手塚治虫文化賞、朝日賞など受賞多数。代表作『ポーの一族』を中心に50年の軌跡をたどる原画展「萩尾望都 ポーの一族展」が東京・松屋銀座(7月25日~8月6日)を皮切りに各地で開催の予定。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい