写真・図版 | 布袋寅泰が語る31年ぶりのBOOWY再会「曲も歌詞も3人が生き生き」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

布袋寅泰が語る31年ぶりのBOOWY再会「曲も歌詞も3人が生き生き」 1/3

神舘和典週刊朝日#神舘和典

布袋寅泰(ほてい・ともやす)/1962年生まれ、群馬県出身。ロックバンド「BOOWY」のギタリストとして82年にデビュー。バンド解散後の88年、アルバム「GUITARHYTHM」でソロデビュー。同年、吉川晃司とロックユニット・COMPLEXを結成。アトランタ・オリンピック閉会式での演奏や映画「キル・ビル」のテーマ曲への起用など、世界的に活躍。2012年、家族とともにイギリスに移住。今年5月、新作アルバム「GUITARHYTHM VI」(全13曲)をリリース。 [COVER STAFF 撮影/馬場道浩 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

布袋寅泰(ほてい・ともやす)/1962年生まれ、群馬県出身。ロックバンド「BOOWY」のギタリストとして82年にデビュー。バンド解散後の88年、アルバム「GUITARHYTHM」でソロデビュー。同年、吉川晃司とロックユニット・COMPLEXを結成。アトランタ・オリンピック閉会式での演奏や映画「キル・ビル」のテーマ曲への起用など、世界的に活躍。2012年、家族とともにイギリスに移住。今年5月、新作アルバム「GUITARHYTHM VI」(全13曲)をリリース。 [COVER STAFF 撮影/馬場道浩 アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい