実は世渡り上手な一面も? 稲垣吾郎がクリムトの知られざる素顔を分析

  • 「オイゲニア・プリマフェージの肖像」(1913/1914年):オイゲニア・プリマフェージは夫のオットーと共に、クリムトの重要な支援者だった。本作はオイゲニアへのクリスマスプレゼントとして制作され、クリムトは手紙のなかで、納期に間に合うように仕上げる難しさを嘆いている(豊田市美術館蔵)/稲垣吾郎(いながき・ごろう):1973年、東京都出身。映画「クソ野郎と美しき世界」(2018年)、「半世界」(19年)など、出演作多数。公開待機作に映画「ばるぼら」(19年予定)がある(撮影/山本倫子)

    「オイゲニア・プリマフェージの肖像」(1913/1914年):オイゲニア・プリマフェージは夫のオットーと共に、クリムトの重要な支援者だった。本作はオイゲニアへのクリスマスプレゼントとして制作され、クリムトは手紙のなかで、納期に間に合うように仕上げる難しさを嘆いている(豊田市美術館蔵)/稲垣吾郎(いながき・ごろう):1973年、東京都出身。映画「クソ野郎と美しき世界」(2018年)、「半世界」(19年)など、出演作多数。公開待機作に映画「ばるぼら」(19年予定)がある(撮影/山本倫子)

「オイゲニア・プリマフェージの肖像」(1913/1914年):オイゲニア・プリマフェージは夫のオットーと共に、クリムトの重要な支援者だった。本作はオイゲニアへのクリスマスプレゼントとして制作され、クリムトは手紙のなかで、納期に間に合うように仕上げる難しさを嘆いている(豊田市美術館蔵)/稲垣吾郎(いながき・ごろう):1973年、東京都出身。映画「クソ野郎と美しき世界」(2018年)、「半世界」(19年)など、出演作多数。公開待機作に映画「ばるぼら」(19年予定)がある(撮影/山本倫子)

あわせて読みたい

  • 日本過去最多点数のクリムト展覧会スタート 稲垣吾郎と読み解く、その多彩な魅力

    日本過去最多点数のクリムト展覧会スタート 稲垣吾郎と読み解く、その多彩な魅力

    AERA

    6/17

    稲垣吾郎さんが「心を奪われた」クリムト展を、AERA誌上で案内

    稲垣吾郎さんが「心を奪われた」クリムト展を、AERA誌上で案内

    6/7

  • 【写真特集】稲垣吾郎と探る多彩な魅力

    【写真特集】稲垣吾郎と探る多彩な魅力

    6/17

    「クリムト」が描いた女たち 過去最多の油彩画が一堂に会する展覧会

    「クリムト」が描いた女たち 過去最多の油彩画が一堂に会する展覧会

    週刊朝日

    4/23

  • 稲垣吾郎「縛りみたいなものが一切なくなった」

    稲垣吾郎「縛りみたいなものが一切なくなった」

    週刊朝日

    2/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す