脳梗塞の新薬に「黒カビ」 ノーベル賞有力候補者の愛弟子が発見

  • 成功率3万分の1とも言われる新薬の開発に挑戦する蓮見惠司・東京農工大大学院教授(写真:本人提供)

    成功率3万分の1とも言われる新薬の開発に挑戦する蓮見惠司・東京農工大大学院教授(写真:本人提供)

  • 1973年に沖縄・西表島の落ち葉から見つかった黒カビの一種「スタキボトリスミクロスポラ」。世界初の抗生物質「ペニシリン」も、遠藤博士が発見した「スタチン」も、アオカビの仲間から見つかった(写真:本人提供)

    1973年に沖縄・西表島の落ち葉から見つかった黒カビの一種「スタキボトリスミクロスポラ」。世界初の抗生物質「ペニシリン」も、遠藤博士が発見した「スタチン」も、アオカビの仲間から見つかった(写真:本人提供)

  • 関連記事

    • 冬と夏が特にアブない脳梗塞 脳卒中の約6割を占めるその症状と治療法とは?

      冬と夏が特にアブない脳梗塞 脳卒中の約6割を占めるその症状と治療法とは?

    • 脳梗塞発症者の2人に1人は再発のおそれ リスク管理や予防が必須

      脳梗塞発症者の2人に1人は再発のおそれ リスク管理や予防が必須

    • 進歩する脳梗塞治療 効果を上げている点滴薬t-PAとは?

      進歩する脳梗塞治療 効果を上げている点滴薬t-PAとは?

    写真の記事を読む
成功率3万分の1とも言われる新薬の開発に挑戦する蓮見惠司・東京農工大大学院教授(写真:本人提供)
1973年に沖縄・西表島の落ち葉から見つかった黒カビの一種「スタキボトリスミクロスポラ」。世界初の抗生物質「ペニシリン」も、遠藤博士が発見した「スタチン」も、アオカビの仲間から見つかった(写真:本人提供)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 原因わからず放置も 軽いつもりが致命傷の「脳梗塞」

    原因わからず放置も 軽いつもりが致命傷の「脳梗塞」

    週刊朝日

    6/15

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ

    週刊朝日

    8/11

  • 脳梗塞の新薬 食事制限不要のため納豆も我慢する必要なし

    脳梗塞の新薬 食事制限不要のため納豆も我慢する必要なし

    週刊朝日

    3/23

    血圧は下げるな、危険!? 医師「高血圧は作られた病気」

    血圧は下げるな、危険!? 医師「高血圧は作られた病気」

    週刊朝日

    3/9

  • 心房細動患者の3人に1人が脳梗塞に 医師が解説する「見逃し」の防ぎ方

    心房細動患者の3人に1人が脳梗塞に 医師が解説する「見逃し」の防ぎ方

    週刊朝日

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す