写真・図版 | 若竹千佐子が語るデラシネの時代「孤独は心の解放」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

若竹千佐子が語るデラシネの時代「孤独は心の解放」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日

若竹千佐子さん(わかたけ・ちさこ)/1954年、岩手県遠野市生まれ。作家。55歳のとき、夫が突然、脳梗塞で死去。その後、小説講座に通い始め、2017年に『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を史上最年長の63歳で受賞。18年、同作で第158回芥川賞を受賞 (c)小林紀晴

若竹千佐子さん(わかたけ・ちさこ)/1954年、岩手県遠野市生まれ。作家。55歳のとき、夫が突然、脳梗塞で死去。その後、小説講座に通い始め、2017年に『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を史上最年長の63歳で受賞。18年、同作で第158回芥川賞を受賞 (c)小林紀晴

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい