写真・図版 | 町屋良平×村田諒太「スパーリング対談」 芥川賞作家とプロボクサーが意気投合した理由〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

町屋良平×村田諒太「スパーリング対談」 芥川賞作家とプロボクサーが意気投合した理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木毅AERA

村田諒太(むらた・りょうた、右):1986年生まれ。プロボクサー。中学時代にボクシングを始める。2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダル。13年4月、プロボクサーに。17年10月、WBA世界ミドル級王座獲得/町屋良平(まちや・りょうへい)/1983年生まれ。作家。2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。18年『しき』が第159回芥川賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。19年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞(撮影/写真部・小山幸佑)

村田諒太(むらた・りょうた、右):1986年生まれ。プロボクサー。中学時代にボクシングを始める。2012年ロンドンオリンピックボクシングミドル級金メダル。13年4月、プロボクサーに。17年10月、WBA世界ミドル級王座獲得/町屋良平(まちや・りょうへい)/1983年生まれ。作家。2016年『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞。18年『しき』が第159回芥川賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。19年『1R1分34秒』で第160回芥川賞受賞(撮影/写真部・小山幸佑)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい