「悲しいまでに凡庸」だった青年が日本政治の頂点に君臨し、この国の姿を変容させるまで 安倍晋三氏のルーツを探る

  • 1937年の選挙で、安倍寛が掲げた“選挙マニフェクト”。貧富の格差を憤り、失業者対策の必要性を訴え、生活が不安定な勤労者や農家、中小企業経営者などに配慮を寄せる。一方、大資本や財閥特権階級には厳しい視線を向けた

    1937年の選挙で、安倍寛が掲げた“選挙マニフェクト”。貧富の格差を憤り、失業者対策の必要性を訴え、生活が不安定な勤労者や農家、中小企業経営者などに配慮を寄せる。一方、大資本や財閥特権階級には厳しい視線を向けた

  • 1958年の総選挙で初当選した安倍晋太郎。妻・洋子と (c)朝日新聞社

    1958年の総選挙で初当選した安倍晋太郎。妻・洋子と (c)朝日新聞社

  • 外遊後、箱根の旅館で静養中の岸信介。孫の晋三(左)、寛信と一緒に(1957年) (c)朝日新聞社

    外遊後、箱根の旅館で静養中の岸信介。孫の晋三(左)、寛信と一緒に(1957年) (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    • 安倍晋三氏は「神輿」に乗った右派のプリンス ジャーナリスト・青木理が迫る実像

      安倍晋三氏は「神輿」に乗った右派のプリンス ジャーナリスト・青木理が迫る実像

    • 「安倍三代」を語り合う 政治コラムニスト早野透×ジャーナリスト青木理

      「安倍三代」を語り合う 政治コラムニスト早野透×ジャーナリスト青木理

    • 安倍晋三元首相の後継者は育たず 青木理「彼に代わる右派のアイコンは見当たらない」

      安倍晋三元首相の後継者は育たず 青木理「彼に代わる右派のアイコンは見当たらない」

    写真の記事を読む
1937年の選挙で、安倍寛が掲げた“選挙マニフェクト”。貧富の格差を憤り、失業者対策の必要性を訴え、生活が不安定な勤労者や農家、中小企業経営者などに配慮を寄せる。一方、大資本や財閥特権階級には厳しい視線を向けた
1958年の総選挙で初当選した安倍晋太郎。妻・洋子と (c)朝日新聞社
外遊後、箱根の旅館で静養中の岸信介。孫の晋三(左)、寛信と一緒に(1957年) (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 安倍元首相は「ナイスガイだった。私欲のない純粋な男」 兄貴分・亀井静香が語る思い出

    安倍元首相は「ナイスガイだった。私欲のない純粋な男」 兄貴分・亀井静香が語る思い出

    dot.

    7/9

    安倍元首相銃撃事件でジャーナリスト・青木理氏が感じた「不気味な兆候」とは

    安倍元首相銃撃事件でジャーナリスト・青木理氏が感じた「不気味な兆候」とは

    dot.

    7/9

  • 「昭恵さんは一度だけ晋ちゃんと別れたいと言ったことがある」安倍首相夫妻の恩人が今だから明かす

    「昭恵さんは一度だけ晋ちゃんと別れたいと言ったことがある」安倍首相夫妻の恩人が今だから明かす

    週刊朝日

    5/13

    安倍首相3選“当確”でゴッドマザーは満面の笑み 気がかりは嫁の昭恵さんだけ…

    安倍首相3選“当確”でゴッドマザーは満面の笑み 気がかりは嫁の昭恵さんだけ…

    週刊朝日

    8/3

  • 「自民党とはズブズブ」旧統一教会との関係が明るみに 政治家には魅力的な「選挙支援」

    「自民党とはズブズブ」旧統一教会との関係が明るみに 政治家には魅力的な「選挙支援」

    AERA

    8/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す