写真・図版 | 「吉永小百合さんにも…」沢木耕太郎の“相手の心を開く”極意〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「吉永小百合さんにも…」沢木耕太郎の“相手の心を開く”極意 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日#林真理子

沢木耕太郎(さわき・こうたろう)/1947年、東京都生まれ。ルポライターとして出発し、79年に『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など名作を次々に発表し、2006年に『凍』で講談社ノンフィクション賞、14年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。近著に、25年分のエッセーを収録した『銀河を渡る 全エッセイ』、『作家との遭遇 全作家論』。 (撮影/写真部・小原雄輝)

沢木耕太郎(さわき・こうたろう)/1947年、東京都生まれ。ルポライターとして出発し、79年に『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など名作を次々に発表し、2006年に『凍』で講談社ノンフィクション賞、14年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞。近年は長編小説『波の音が消えるまで』『春に散る』を刊行。近著に、25年分のエッセーを収録した『銀河を渡る 全エッセイ』、『作家との遭遇 全作家論』。 (撮影/写真部・小原雄輝)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい