写真・図版 | 「キログラム」の定義が5月から変わる!? 新たな1キロの基準とは〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

「キログラム」の定義が5月から変わる!? 新たな1キロの基準とは 

このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城県つくば市の産業技術総合研究所に保管されている、1kgの基準となる「日本国キログラム原器」。国際キログラム原器の複製の一つで、1889年にフランスから送られてきた。国際キログラム原器の重さは、表面の汚れなどによって約100年間で50マイクログラム(100万分の50g)変化したといわれている。新しい定義になると、国際キログラム原器や日本国キログラム原器は役目を終える (c)朝日新聞社

茨城県つくば市の産業技術総合研究所に保管されている、1kgの基準となる「日本国キログラム原器」。国際キログラム原器の複製の一つで、1889年にフランスから送られてきた。国際キログラム原器の重さは、表面の汚れなどによって約100年間で50マイクログラム(100万分の50g)変化したといわれている。新しい定義になると、国際キログラム原器や日本国キログラム原器は役目を終える (c)朝日新聞社

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい