写真・図版 | 震災後の福島描く漫画、いま舞台化する意味 萩尾望都×倉田淳〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

震災後の福島描く漫画、いま舞台化する意味 萩尾望都×倉田淳 2/3

AERA

「なのはな」の稽古風景。左から、船戸慎二、倉本徹、仲原裕之、宇佐見輝。東京公演は東京芸術劇場で3月10日まで。大阪公演はABCホールで4月12~13日(写真:劇団スタジオライフ提供)

「なのはな」の稽古風景。左から、船戸慎二、倉本徹、仲原裕之、宇佐見輝。東京公演は東京芸術劇場で3月10日まで。大阪公演はABCホールで4月12~13日(写真:劇団スタジオライフ提供)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい