写真・図版 | 患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

患者と接する機会が少ない「病理医」が、がん治療で重要な役割を担う理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加
中寺暁子週刊朝日#ヘルス

国立がん研究センター中央病院 病理・臨床検査科 医長 元井紀子医師

国立がん研究センター中央病院 病理・臨床検査科 医長 元井紀子医師

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加