写真・図版 | がん患者の入院から社会復帰までかかわる麻酔科医が「手術室の内科医」と呼ばれるワケ〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がん患者の入院から社会復帰までかかわる麻酔科医が「手術室の内科医」と呼ばれるワケ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
中寺暁子週刊朝日#ヘルス

順天堂大学順天堂医院麻酔科・ペインクリニック教授 稲田英一医師(撮影/写真部・加藤夏子)

順天堂大学順天堂医院麻酔科・ペインクリニック教授 稲田英一医師(撮影/写真部・加藤夏子)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい