古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ」

  • 著者:古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。最新刊『日本中枢の狂謀』(講談社)、『国家の共謀』(角川新書)。「シナプス 古賀茂明サロン」主催

    著者:古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。最新刊『日本中枢の狂謀』(講談社)、『国家の共謀』(角川新書)。「シナプス 古賀茂明サロン」主催

  • トランプ米大統領(左)と安倍晋三首相(代表撮影)

    トランプ米大統領(左)と安倍晋三首相(代表撮影)

  • 関連記事

    • 古賀茂明「安倍総理は憲法9条改正より米軍と交渉し、東京五輪で航空機増便すべき」

      古賀茂明「安倍総理は憲法9条改正より米軍と交渉し、東京五輪で航空機増便すべき」

    • 東京五輪でも増便はムリ 米軍の横田空域は今後も存続する?

      東京五輪でも増便はムリ 米軍の横田空域は今後も存続する?

    • 元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

      元・米国外交官が語る日米安保「米国が日本の防衛をする、は誤解」

    写真の記事を読む
著者:古賀茂明(こが・しげあき)/1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部卒業後、旧通産省(経済産業省)入省。国家公務員制度改革推進本部審議官、中小企業庁経営支援部長などを経て2011年退官、改革派官僚で「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。元報道ステーションコメンテーター。最新刊『日本中枢の狂謀』(講談社)、『国家の共謀』(角川新書)。「シナプス 古賀茂明サロン」主催
トランプ米大統領(左)と安倍晋三首相(代表撮影)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 伊勢崎賢治が語る 地位協定交渉で疑問尽きぬ日本の対応

    伊勢崎賢治が語る 地位協定交渉で疑問尽きぬ日本の対応

    AERA

    4/11

    日米の羽田昼間発着枠がついに決着、双方1日5便、今後は各社への配分が焦点に

    日米の羽田昼間発着枠がついに決着、双方1日5便、今後は各社への配分が焦点に

    トラベルボイス

    2/19

  • 本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」

    本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」

    4/3

    石破茂、日米地位協定の改定を提言「真に独立した国とは何なのか」

    石破茂、日米地位協定の改定を提言「真に独立した国とは何なのか」

    週刊朝日

    11/27

  • 地位協定は変えられる 米軍の世界戦略は柔軟交渉

    地位協定は変えられる 米軍の世界戦略は柔軟交渉

    AERA

    4/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す