写真・図版 | 元祖「国民の恋人」十朱幸代が振り返る“スター”との恋〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元祖「国民の恋人」十朱幸代が振り返る“スター”との恋 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

十朱幸代(とあけ・ゆきよ)/1942年、東京生まれ。俳優・十朱久雄の長女。中学生でモデルを始め、父親について見学に訪れたNHKでスカウトされ、「バス通り裏」の「元子」役に抜擢される。以降、テレビ、映画、舞台、ラジオなどで幅広く活躍。華やかな恋の噂でも常に話題の的になる。86~96年にわたり、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を4回受賞。2013年「旭日小綬章」受章。近年もドラマ「高嶺の花」や舞台「キャサリン・ヘプバーン」「燃えよ剣」などで活躍。近著『愛し続ける私』(集英社)が発売中 (撮影/写真部・加藤夏子)

十朱幸代(とあけ・ゆきよ)/1942年、東京生まれ。俳優・十朱久雄の長女。中学生でモデルを始め、父親について見学に訪れたNHKでスカウトされ、「バス通り裏」の「元子」役に抜擢される。以降、テレビ、映画、舞台、ラジオなどで幅広く活躍。華やかな恋の噂でも常に話題の的になる。86~96年にわたり、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を4回受賞。2013年「旭日小綬章」受章。近年もドラマ「高嶺の花」や舞台「キャサリン・ヘプバーン」「燃えよ剣」などで活躍。近著『愛し続ける私』(集英社)が発売中 (撮影/写真部・加藤夏子)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい