写真・図版 | 池井戸潤、野村萬斎の演技に「もはや新次元のキャラクター」 映画と原作の違いとは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

池井戸潤、野村萬斎の演技に「もはや新次元のキャラクター」 映画と原作の違いとは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA

野村萬斎(のむら・まんさい、左):1966年生まれ、東京都出身。狂言師である祖父の六世野村万蔵と父の万作に師事し、3歳で初舞台。94年に曽祖父・野村万造の隠居名「萬斎」を襲名/池井戸潤(いけいど・じゅん):1963年生まれ、岐阜県出身。98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(撮影/植田真紗美)

野村萬斎(のむら・まんさい、左):1966年生まれ、東京都出身。狂言師である祖父の六世野村万蔵と父の万作に師事し、3歳で初舞台。94年に曽祖父・野村万造の隠居名「萬斎」を襲名/池井戸潤(いけいど・じゅん):1963年生まれ、岐阜県出身。98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビュー。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(撮影/植田真紗美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい