写真・図版 | 名越康文医師が精神科医を目指すきっかけになった「幸運な出合い」とは?〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

名越康文医師が精神科医を目指すきっかけになった「幸運な出合い」とは? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
植田晴美週刊朝日#教育

名越康文/1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)で精神科救急病棟の設立、責任者を経て99年に退職。臨床のほか、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析
など多方面で活躍中(写真 大野洋介/朝日新聞出版・写真部)

名越康文/1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)で精神科救急病棟の設立、責任者を経て99年に退職。臨床のほか、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析 など多方面で活躍中(写真 大野洋介/朝日新聞出版・写真部)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加