女性議員を追い詰める「票ハラ」被害が深刻化 その背景は?

  • 立憲民主党は議会の男女比を均等に近づける「パリテ」(フランス語で均等の意)の実現を目指し、今年1月に「パリテ・スクール」を開講。三浦まり上智大学教授(中央)を講師に、地方議員や立候補予定者らが、女性議員が増えることのメリットなどを話し合った(撮影/岡田晃奈)

    立憲民主党は議会の男女比を均等に近づける「パリテ」(フランス語で均等の意)の実現を目指し、今年1月に「パリテ・スクール」を開講。三浦まり上智大学教授(中央)を講師に、地方議員や立候補予定者らが、女性議員が増えることのメリットなどを話し合った(撮影/岡田晃奈)

  • 昨年5月には、政治分野における男女共同参画推進法(候補者男女均等法)が成立。女性議員の増加を目指すのであればハラスメント対策も必要だ (c)朝日新聞社

    昨年5月には、政治分野における男女共同参画推進法(候補者男女均等法)が成立。女性議員の増加を目指すのであればハラスメント対策も必要だ (c)朝日新聞社

  • 女性議員の割合増えてきたがまだまだ低水準(AERA 2019年2月11日号より)

    女性議員の割合増えてきたがまだまだ低水準(AERA 2019年2月11日号より)

  • 関連記事

    • 「票ハラ」、政治と距離置く女性有権者の意識…女性候補者に立ちはだかる壁

      「票ハラ」、政治と距離置く女性有権者の意識…女性候補者に立ちはだかる壁

    • 都議会でセクハラヤジ......女性支援ってなに?

      都議会でセクハラヤジ......女性支援ってなに?

    • まるで現代の魔女狩り? 性被害を訴えた草津町議会女性議員へのリコール

      まるで現代の魔女狩り? 性被害を訴えた草津町議会女性議員へのリコール

    写真の記事を読む
立憲民主党は議会の男女比を均等に近づける「パリテ」(フランス語で均等の意)の実現を目指し、今年1月に「パリテ・スクール」を開講。三浦まり上智大学教授(中央)を講師に、地方議員や立候補予定者らが、女性議員が増えることのメリットなどを話し合った(撮影/岡田晃奈)
昨年5月には、政治分野における男女共同参画推進法(候補者男女均等法)が成立。女性議員の増加を目指すのであればハラスメント対策も必要だ (c)朝日新聞社
女性議員の割合増えてきたがまだまだ低水準(AERA 2019年2月11日号より)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 殺気だつ草津町傍聴席「犬だってしねぇよ」 セクハラを背中で浴び続けた気分になった
    筆者の顔写真

    北原みのり

    殺気だつ草津町傍聴席「犬だってしねぇよ」 セクハラを背中で浴び続けた気分になった

    dot.

    12/3

    女性政治家のリアル

    女性政治家のリアル

    週刊朝日

    11/17

  • 蓮舫議員が語る民進党の変化 「まずはビール」がなくなった?

    蓮舫議員が語る民進党の変化 「まずはビール」がなくなった?

    AERA

    11/10

    「国策」として考えるセクハラ問題 野田聖子総務相×小島慶子対談

    「国策」として考えるセクハラ問題 野田聖子総務相×小島慶子対談

    AERA

    6/27

  • イクメン不倫騒動の影でマタハラ… 金子恵美議員が涙した国会議員の“男社会”

    イクメン不倫騒動の影でマタハラ… 金子恵美議員が涙した国会議員の“男社会”

    AERA

    11/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す