写真・図版 | 最初の結婚は人違いの“文通”が縁 蛭子能収の寂しがり屋人生〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最初の結婚は人違いの“文通”が縁 蛭子能収の寂しがり屋人生 1/2

週刊朝日

蛭子能収(えびす・よしかず)/1947年、長崎県生まれ。長崎商業高校卒業後、看板屋、ちり紙交換、ダスキン配達などの仕事を経て33歳で漫画家に。俳優・タレントとしても活躍中。主な著作に『蛭子能収コレクション』(マガジン・ファイブ)、2014年に発表した『ひとりぼっちを笑うな』(角川新書)が13万部超のベストセラーに (撮影/写真部・小山幸佑)

蛭子能収(えびす・よしかず)/1947年、長崎県生まれ。長崎商業高校卒業後、看板屋、ちり紙交換、ダスキン配達などの仕事を経て33歳で漫画家に。俳優・タレントとしても活躍中。主な著作に『蛭子能収コレクション』(マガジン・ファイブ)、2014年に発表した『ひとりぼっちを笑うな』(角川新書)が13万部超のベストセラーに (撮影/写真部・小山幸佑)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい