写真・図版 | 辺見庸、新作で障害者殺人事件の闇に迫る「別視点からの声を」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

辺見庸、新作で障害者殺人事件の闇に迫る「別視点からの声を」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#読書

辺見庸(へんみ・よう)/1944年生まれ。共同通信社勤務を経て91年『自動起床装置』で芥川賞、94年『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞、2016年『増補版1★9★3★7』で城山三郎賞をそれぞれ受賞(撮影/今村拓馬)

辺見庸(へんみ・よう)/1944年生まれ。共同通信社勤務を経て91年『自動起床装置』で芥川賞、94年『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞、2016年『増補版1★9★3★7』で城山三郎賞をそれぞれ受賞(撮影/今村拓馬)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい