写真・図版 | 弥生時代は1食あたり約4千回噛んで食べていた? 現代の6.5倍もあったワケ〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

弥生時代は1食あたり約4千回噛んで食べていた? 現代の6.5倍もあったワケ 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
山村健介週刊朝日#ヘルス

『「認知症が気になりだしたら、歯科にも行こう」は、なぜ?』(朝日新聞出版)から

『「認知症が気になりだしたら、歯科にも行こう」は、なぜ?』(朝日新聞出版)から

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい