写真・図版 | 植木等の付き人をやめた日…小松政夫がその時の“涙の理由”を明かす〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

植木等の付き人をやめた日…小松政夫がその時の“涙の理由”を明かす 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

小松政夫(こまつ・まさお)/1942年、福岡県博多生まれ。日本喜劇人協会会長(第10代)。植木等の付き人を経て、芸能界デビュー。「笑って!笑って!!60分」や「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」では、伊東四朗とのコンビで一世を風靡。2016年にはCD「親父の名字で生きてます」をリリース。「もうちょっと歌い込んで、紅白を目指さないとね」。著書に『時代とフザケた男』『昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年』など。3月30日から福岡・博多座で博多華丸主演の舞台「めんたいぴりり」に出演 (撮影/写真部・大野洋介)

小松政夫(こまつ・まさお)/1942年、福岡県博多生まれ。日本喜劇人協会会長(第10代)。植木等の付き人を経て、芸能界デビュー。「笑って!笑って!!60分」や「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」では、伊東四朗とのコンビで一世を風靡。2016年にはCD「親父の名字で生きてます」をリリース。「もうちょっと歌い込んで、紅白を目指さないとね」。著書に『時代とフザケた男』『昭和と師弟愛 植木等と歩いた43年』など。3月30日から福岡・博多座で博多華丸主演の舞台「めんたいぴりり」に出演 (撮影/写真部・大野洋介)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい