次は南海トラフではない? 「隠された地震」の怖さ 2019年に危ないのはのはどこか

  • 北海道胆振東部地震の影響であちこちで山肌が崩れた=2018年9月6日、北海道厚真町 (c)朝日新聞社

    北海道胆振東部地震の影響であちこちで山肌が崩れた=2018年9月6日、北海道厚真町 (c)朝日新聞社

  • 政府の地震本部が発表した地震動予測地図。今後30年間に震度6弱以上の揺れが予想されている(作成/地震本部)

    政府の地震本部が発表した地震動予測地図。今後30年間に震度6弱以上の揺れが予想されている(作成/地震本部)

  • 関連記事

    • 2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

      2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    • 専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

      専門家が指摘「スーパー南海地震」 茨城から沖縄、フィリピンを襲う想定被害規模とは?

    • 熊本で再び震度6弱 首都直下型地震、南海トラフと迫りくる大地震  

      熊本で再び震度6弱 首都直下型地震、南海トラフと迫りくる大地震  

    記事本文に戻る
北海道胆振東部地震の影響であちこちで山肌が崩れた=2018年9月6日、北海道厚真町 (c)朝日新聞社
政府の地震本部が発表した地震動予測地図。今後30年間に震度6弱以上の揺れが予想されている(作成/地震本部)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 山形県沖の地震の次は?静かな首都圏が不気味すぎる…

    山形県沖の地震の次は?静かな首都圏が不気味すぎる…

    週刊朝日

    6/27

    スーパーサイクルの超巨大地震が切迫する千島海溝 「死者8割減」対策が急務の理由

    スーパーサイクルの超巨大地震が切迫する千島海溝 「死者8割減」対策が急務の理由

    AERA

    6/16

  • 地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

    dot.

    1/2

    「ここ1週間の地震回数」2日~3日で震度4以上の地震が4回と頻発 日頃から備えを

    「ここ1週間の地震回数」2日~3日で震度4以上の地震が4回と頻発 日頃から備えを

    tenki.jp

    12/3

  • 地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄

    週刊朝日

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す