写真・図版 | 『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

半藤一利(はんどう・かずとし)/作家。1930年、東京都生まれ。文藝春秋に入社し、「週刊文春」や「文藝春秋」の編集長、同社専務などを経て、作家に。「歴史探偵」を自称し、著書に『日本のいちばん長い日』『昭和史』など多数(撮影/山本倫子)

半藤一利(はんどう・かずとし)/作家。1930年、東京都生まれ。文藝春秋に入社し、「週刊文春」や「文藝春秋」の編集長、同社専務などを経て、作家に。「歴史探偵」を自称し、著書に『日本のいちばん長い日』『昭和史』など多数(撮影/山本倫子)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい