写真・図版 | 「日韓は、距離も理解も近かった」 『ハゲタカ』の真山仁、初の社会派エッセー〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

「日韓は、距離も理解も近かった」 『ハゲタカ』の真山仁、初の社会派エッセー 

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#読書

真山仁(まやま・じん)/小説家。1962年、大阪府生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、2004年に『ハゲタカ』でデビュー。著書に『シンドローム』など多数(撮影/小原雄輝)

真山仁(まやま・じん)/小説家。1962年、大阪府生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、2004年に『ハゲタカ』でデビュー。著書に『シンドローム』など多数(撮影/小原雄輝)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい