木村拓哉と共演し胃がキリキリ 笹野高史がブレイクした作品とは

  • 笹野高史(ささの・たかし)/1948年、兵庫県生まれ。日本大学芸術学部中退。串田和美主宰の「自由劇場」を経て、33歳で独立。山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズ、「釣りバカ日誌」シリーズなどで知られる。「武士の一分」徳平役で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。42歳のときに17歳年下の妻と結婚。4人の息子たちも俳優として活躍。著書に『待機晩成』(ぴあ)がある。最新の出演舞台は「喜劇 有頂天団地」(12月22日まで東京・新橋演舞場、2019年1月12~27日 京都・南座) (撮影/写真部・小山幸佑)

    笹野高史(ささの・たかし)/1948年、兵庫県生まれ。日本大学芸術学部中退。串田和美主宰の「自由劇場」を経て、33歳で独立。山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズ、「釣りバカ日誌」シリーズなどで知られる。「武士の一分」徳平役で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。42歳のときに17歳年下の妻と結婚。4人の息子たちも俳優として活躍。著書に『待機晩成』(ぴあ)がある。最新の出演舞台は「喜劇 有頂天団地」(12月22日まで東京・新橋演舞場、2019年1月12~27日 京都・南座) (撮影/写真部・小山幸佑)

  • 笹野高史 (撮影/写真部・小山幸佑)

    笹野高史 (撮影/写真部・小山幸佑)

笹野高史(ささの・たかし)/1948年、兵庫県生まれ。日本大学芸術学部中退。串田和美主宰の「自由劇場」を経て、33歳で独立。山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズ、「釣りバカ日誌」シリーズなどで知られる。「武士の一分」徳平役で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。42歳のときに17歳年下の妻と結婚。4人の息子たちも俳優として活躍。著書に『待機晩成』(ぴあ)がある。最新の出演舞台は「喜劇 有頂天団地」(12月22日まで東京・新橋演舞場、2019年1月12~27日 京都・南座) (撮影/写真部・小山幸佑)
笹野高史 (撮影/写真部・小山幸佑)

あわせて読みたい

  • 白塗り復活! 小日向文世が思い出す“21年前の気持ち”

    白塗り復活! 小日向文世が思い出す“21年前の気持ち”

    週刊朝日

    9/26

    俳優・宍戸錠が思うB級とA級の違い 今いちばんの“名優”とは?

    俳優・宍戸錠が思うB級とA級の違い 今いちばんの“名優”とは?

    週刊朝日

    2/5

  • 一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点

    一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点

    週刊朝日

    6/9

    「ずば抜けた才能ない、普通でいい」平泉成が語る“俳優”という仕事

    「ずば抜けた才能ない、普通でいい」平泉成が語る“俳優”という仕事

    週刊朝日

    5/18

  • 最初の結婚は人違いの“文通”が縁 蛭子能収の寂しがり屋人生

    最初の結婚は人違いの“文通”が縁 蛭子能収の寂しがり屋人生

    週刊朝日

    1/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す