カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法

  • 大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

    大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医

  • 人間の免疫システムが“自然”のままに働けば、皮膚の乾燥をきっかけにアレルギーを発症するリスクが高まる(写真:getty images)

    人間の免疫システムが“自然”のままに働けば、皮膚の乾燥をきっかけにアレルギーを発症するリスクが高まる(写真:getty images)

大塚篤司/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医
人間の免疫システムが“自然”のままに働けば、皮膚の乾燥をきっかけにアレルギーを発症するリスクが高まる(写真:getty images)

あわせて読みたい

  • 鼻炎、結膜炎…次々にアレルギーを起こす「アレルギーマーチ」は皮膚から始まる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    鼻炎、結膜炎…次々にアレルギーを起こす「アレルギーマーチ」は皮膚から始まる?

    dot.

    10/4

    ステロイド外用薬でアトピー性皮膚炎とうまくつき合う方法

    ステロイド外用薬でアトピー性皮膚炎とうまくつき合う方法

    週刊朝日

    1/21

  • 「プロアクティブ療法」でアトピー性皮膚炎は治る?

    「プロアクティブ療法」でアトピー性皮膚炎は治る?

    週刊朝日

    1/20

    アトピー予防のカギは「生後半年のスキンケア」 その方法は

    アトピー予防のカギは「生後半年のスキンケア」 その方法は

    AERA

    3/3

  • “プロアクティブ”が効果的 大人のアトピー性皮膚炎の治療法

    “プロアクティブ”が効果的 大人のアトピー性皮膚炎の治療法

    週刊朝日

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す