写真・図版 | がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がん「告知」と「治療」で究極的に大事なこととは? 65歳白血病と26歳精巣腫瘍の「がん対談」 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊谷わこdot.#がん#病気

仕事人間だった粕谷卓志さんは、改めて家族の大切さを感じたという(撮影/片山菜緖子)

仕事人間だった粕谷卓志さんは、改めて家族の大切さを感じたという(撮影/片山菜緖子)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい