浅草“煮込み通り”のおすすめ店 なぎら健壱の締めは“真っ赤な牛めし”

  • 正ちゃん/浅草・浅草寺近くの通称”煮込み通り”で、昭和26年から続く大衆居酒屋。店の前のテント下で昼飲みする人も多い/東京都台東区浅草2-7-13、営業時間:昼過ぎ~21:00L.O.(土日9:00~)、定休日:火。月に不定休もあり。(撮影/東川哲也・写真部)

    正ちゃん/浅草・浅草寺近くの通称”煮込み通り”で、昭和26年から続く大衆居酒屋。店の前のテント下で昼飲みする人も多い/東京都台東区浅草2-7-13、営業時間:昼過ぎ~21:00L.O.(土日9:00~)、定休日:火。月に不定休もあり。(撮影/東川哲也・写真部)

  • 「牛めし」は名物の牛煮込みがご飯にたっぷりと盛られる。醤油、ザラメ、酒を継ぎ足ししながら大鍋で煮込んだ牛スジやタマネギはとろとろ。濃厚だが甘さ控えめで、はしご酒の締めに人気がある。500円。税込み。(撮影/東川哲也・写真部)

    「牛めし」は名物の牛煮込みがご飯にたっぷりと盛られる。醤油、ザラメ、酒を継ぎ足ししながら大鍋で煮込んだ牛スジやタマネギはとろとろ。濃厚だが甘さ控えめで、はしご酒の締めに人気がある。500円。税込み。(撮影/東川哲也・写真部)

正ちゃん/浅草・浅草寺近くの通称”煮込み通り”で、昭和26年から続く大衆居酒屋。店の前のテント下で昼飲みする人も多い/東京都台東区浅草2-7-13、営業時間:昼過ぎ~21:00L.O.(土日9:00~)、定休日:火。月に不定休もあり。(撮影/東川哲也・写真部)
「牛めし」は名物の牛煮込みがご飯にたっぷりと盛られる。醤油、ザラメ、酒を継ぎ足ししながら大鍋で煮込んだ牛スジやタマネギはとろとろ。濃厚だが甘さ控えめで、はしご酒の締めに人気がある。500円。税込み。(撮影/東川哲也・写真部)

あわせて読みたい

  • 【昭和な名店】うまさ“王様”級! 浅草の名店「餃子の王さま」

    【昭和な名店】うまさ“王様”級! 浅草の名店「餃子の王さま」

    週刊朝日

    8/4

    ハヤシライス発明者は早矢仕さん!? “明治の料理”6つを食す

    ハヤシライス発明者は早矢仕さん!? “明治の料理”6つを食す

    週刊朝日

    10/2

  • 文豪の愛した一皿

    文豪の愛した一皿

    10/6

    太宰、谷崎、漱石…丑の日に食べたい、文豪たちが愛でた鰻5店

    太宰、谷崎、漱石…丑の日に食べたい、文豪たちが愛でた鰻5店

    週刊朝日

    7/26

  • 永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    永井荷風の洋食、森鴎外の蕎麦 文豪が通い続けた名店

    週刊朝日

    10/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す