沖縄の救急医療、搬送時間は東京の半分 「たらい回し」が起きない理由

  • うるま市の県立中部病院では平日朝から救急車がひっきりなしに到着し、スタッフは処置に追われる(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)

    うるま市の県立中部病院では平日朝から救急車がひっきりなしに到着し、スタッフは処置に追われる(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)

  • 「戦後の逆境が沖縄の救急医療の礎をつくった」と話す宮城良充・元県立中部病院院長(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)

    「戦後の逆境が沖縄の救急医療の礎をつくった」と話す宮城良充・元県立中部病院院長(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)

  • 関連記事

    記事本文に戻る
うるま市の県立中部病院では平日朝から救急車がひっきりなしに到着し、スタッフは処置に追われる(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)
「戦後の逆境が沖縄の救急医療の礎をつくった」と話す宮城良充・元県立中部病院院長(撮影/ジャーナリスト・辰濃哲郎)
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す