写真・図版 | ジム・カヴィーゼル、「愛は悪を制覇できる」というテーマに惹かれた新作を語る〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

ジム・カヴィーゼル、「愛は悪を制覇できる」というテーマに惹かれた新作を語る 2/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA

「パウロ 愛と赦しの物」/「使徒の働き」の世界を映画化。「ルカやパウロのように愛を大切にして生きることが大事」とジム。監督・脚本はアンドリュー・ハイアット。11月3日から全国順次公開

「パウロ 愛と赦しの物」/「使徒の働き」の世界を映画化。「ルカやパウロのように愛を大切にして生きることが大事」とジム。監督・脚本はアンドリュー・ハイアット。11月3日から全国順次公開

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい