医師・帯津良一ד健康マニア”生島ヒロシ対談 「攻めの養生」に学ぶ

  • 帯津良一/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱している。今も治療の現場に立ち、講演や講義も行う。『死を生きる。』(朝日新聞出版)など多数の著書がある。
生島ヒロシ/1950年生まれ、宮城県気仙沼市出身。76年にTBSに入り、アナウンサーとして活躍し、89年に独立。TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」では、ニュースに加え健康情報も紹介している。金融や相続問題などに詳しく、東日本大震災の復興にも取り組む。(撮影/多田敏男)

    帯津良一/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱している。今も治療の現場に立ち、講演や講義も行う。『死を生きる。』(朝日新聞出版)など多数の著書がある。
    生島ヒロシ/1950年生まれ、宮城県気仙沼市出身。76年にTBSに入り、アナウンサーとして活躍し、89年に独立。TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」では、ニュースに加え健康情報も紹介している。金融や相続問題などに詳しく、東日本大震災の復興にも取り組む。(撮影/多田敏男)

帯津良一/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱している。今も治療の現場に立ち、講演や講義も行う。『死を生きる。』(朝日新聞出版)など多数の著書がある。
生島ヒロシ/1950年生まれ、宮城県気仙沼市出身。76年にTBSに入り、アナウンサーとして活躍し、89年に独立。TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」では、ニュースに加え健康情報も紹介している。金融や相続問題などに詳しく、東日本大震災の復興にも取り組む。(撮影/多田敏男)

あわせて読みたい

  • 帯津良一「『攻めの養生』で最期まで生きる」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    帯津良一「『攻めの養生』で最期まで生きる」

    週刊朝日

    4/11

    「天を楽しみ生長」がより良く老いるカギ 『益軒養生訓新説』とは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「天を楽しみ生長」がより良く老いるカギ 『益軒養生訓新説』とは?

    週刊朝日

    3/29

  • 「毒」が消える? 貝原益軒が推奨した“豆腐レシピ”とは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「毒」が消える? 貝原益軒が推奨した“豆腐レシピ”とは?

    週刊朝日

    5/18

    「死ぬ日を最高にする」ために何をすればいい? 帯津良一の考え
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「死ぬ日を最高にする」ために何をすればいい? 帯津良一の考え

    週刊朝日

    8/17

  • 子どもに「30%の飢えと寒さ」が必要? 医師・帯津良一の意見
    筆者の顔写真

    帯津良一

    子どもに「30%の飢えと寒さ」が必要? 医師・帯津良一の意見

    週刊朝日

    2/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す