写真・図版 | 水しぶきが大きく上がるキックはNG クロールで速く泳ぐには?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水しぶきが大きく上がるキックはNG クロールで速く泳ぐには? 1/5

このエントリーをはてなブックマークに追加

泳ぐときに体が水から受ける抵抗を測る実験。上はバタ足を交えた普通のクロール。下は腕だけを使ったクロール(太ももの間に浮きをはさんで、下半身が沈まないようにしている) 協力・写真提供/高木英樹(筑波大学体育系教授)

泳ぐときに体が水から受ける抵抗を測る実験。上はバタ足を交えた普通のクロール。下は腕だけを使ったクロール(太ももの間に浮きをはさんで、下半身が沈まないようにしている) 協力・写真提供/高木英樹(筑波大学体育系教授)

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい