樹木希林さん死去 AERAに明かした「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂

  • 樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り「悠木千帆」名義で女優活動スタート。64年、森繁久彌主演ドラマ「七人の孫」で一躍人気を博す。近年は映画に軸を移し、高い評価を得る。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/植田真紗美)

    樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り「悠木千帆」名義で女優活動スタート。64年、森繁久彌主演ドラマ「七人の孫」で一躍人気を博す。近年は映画に軸を移し、高い評価を得る。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/植田真紗美)

  • 「万引き家族」 カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。樹木さん演じる祖母・初枝の年金と万引きで暮らす6人。底辺を這う生活だが、なぜか笑いが絶えない家族の、その絆を問う。(c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 配給:ギャガ

    「万引き家族」 カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。樹木さん演じる祖母・初枝の年金と万引きで暮らす6人。底辺を這う生活だが、なぜか笑いが絶えない家族の、その絆を問う。(c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 配給:ギャガ

  • 「モリのいる場所」 「仙人」と呼ばれた画家・熊谷守一と樹木さん演じる妻・秀子の物語。お茶の間に集う人々との間で繰り広げられる笑いと夫婦愛にほろりとさせられる。(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

    「モリのいる場所」 「仙人」と呼ばれた画家・熊谷守一と樹木さん演じる妻・秀子の物語。お茶の間に集う人々との間で繰り広げられる笑いと夫婦愛にほろりとさせられる。(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

樹木希林(きき・きりん)/1943年、東京都生まれ。61年、文学座に入り「悠木千帆」名義で女優活動スタート。64年、森繁久彌主演ドラマ「七人の孫」で一躍人気を博す。近年は映画に軸を移し、高い評価を得る。2008年、紫綬褒章、14年、旭日小綬章(撮影/植田真紗美)
「万引き家族」 カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。樹木さん演じる祖母・初枝の年金と万引きで暮らす6人。底辺を這う生活だが、なぜか笑いが絶えない家族の、その絆を問う。(c)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. 配給:ギャガ
「モリのいる場所」 「仙人」と呼ばれた画家・熊谷守一と樹木さん演じる妻・秀子の物語。お茶の間に集う人々との間で繰り広げられる笑いと夫婦愛にほろりとさせられる。(c)2017「モリのいる場所」製作委員会

あわせて読みたい

  • 樹木希林が「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂

    樹木希林が「ヌードより恥ずかしい姿」で見せた女優魂

    AERA

    6/15

    追悼・樹木希林さん「とても恥じているのよ…」記者に話した内田裕也さんへの思い

    追悼・樹木希林さん「とても恥じているのよ…」記者に話した内田裕也さんへの思い

    AERA

    9/30

  • 小島慶子「『万引き家族』で安藤サクラの涙が語ったものは…」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「『万引き家族』で安藤サクラの涙が語ったものは…」

    AERA

    6/23

    樹木希林さん「最期は穏やかで綺麗な顔でした」内田裕也さんがコメント

    樹木希林さん「最期は穏やかで綺麗な顔でした」内田裕也さんがコメント

    週刊朝日

    9/20

  • 是枝裕和と愛弟子・広瀬奈々子が語る 映画監督として大切なこと

    是枝裕和と愛弟子・広瀬奈々子が語る 映画監督として大切なこと

    AERA

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す