写真・図版 | 日本と海外で違う「音楽×政治」の捉え方 湯川れい子が語る〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本と海外で違う「音楽×政治」の捉え方 湯川れい子が語る 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

湯川れい子(ゆかわ・れいこ)/音楽評論家・作詞家。1936年、東京生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」への投稿がきっかけとなり、ジャズ評論家としてデビュー。その後、ラジオDJ、ポップス音楽の評論・解説、作詞・訳詞などを手掛ける。作詞家として、「六本木心中」(アン・ルイス)、「ランナウェイ」(シャネルズ)などヒット曲多数。ボランティア活動、環境活動への参加も多岐にわたる(撮影/横関一浩)

湯川れい子(ゆかわ・れいこ)/音楽評論家・作詞家。1936年、東京生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」への投稿がきっかけとなり、ジャズ評論家としてデビュー。その後、ラジオDJ、ポップス音楽の評論・解説、作詞・訳詞などを手掛ける。作詞家として、「六本木心中」(アン・ルイス)、「ランナウェイ」(シャネルズ)などヒット曲多数。ボランティア活動、環境活動への参加も多岐にわたる(撮影/横関一浩)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい