写真・図版 | 20歳で戦場で人を殺めた“静かなトラウマ”描く 映画「運命は踊る」監督インタビュー〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

20歳で戦場で人を殺めた“静かなトラウマ”描く 映画「運命は踊る」監督インタビュー 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA

Samuel Maoz/1962年、イスラエル・テルアビブ生まれ。戦争経験を戦車のスコープ越しに描いた監督デビュー作「レバノン」(2009年)で世界的な評価を得る(撮影/品田裕美)

Samuel Maoz/1962年、イスラエル・テルアビブ生まれ。戦争経験を戦車のスコープ越しに描いた監督デビュー作「レバノン」(2009年)で世界的な評価を得る(撮影/品田裕美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい