写真・図版 | プリンス財団の音源管理担当が語る『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』「何も加えず、何も削除しない当時のテープを、そのままアルバムとしてリリースすることが重要だった」〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プリンス財団の音源管理担当が語る『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』「何も加えず、何も削除しない当時のテープを、そのままアルバムとしてリリースすることが重要だった」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

プリンス財団の音源管理担当が語る『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』「何も加えず、何も削除しない当時のテープを、そのままアルバムとしてリリースすることが重要だった」

プリンス財団の音源管理担当が語る『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』「何も加えず、何も削除しない当時のテープを、そのままアルバムとしてリリースすることが重要だった」

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい