写真・図版 | 【文豪の湯宿】「この部屋に籠城する」山岡荘八が『徳川家康』執筆を決意した宿〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【文豪の湯宿】「この部屋に籠城する」山岡荘八が『徳川家康』執筆を決意した宿 1/4

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木裕也週刊朝日

荘八が愛した「龍胆の間」。壁にかかる直筆の色紙には「人はみないのちの大樹の枝葉なり」と書かれている

荘八が愛した「龍胆の間」。壁にかかる直筆の色紙には「人はみないのちの大樹の枝葉なり」と書かれている

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい