写真・図版 | 「ナンシー関に賞味期限はない」いとうせいこう×武田砂鉄対談〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ナンシー関に賞味期限はない」いとうせいこう×武田砂鉄対談 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

いとうせいこう(左)/1961年、東京都生まれ。作家、クリエイター。ナンシー関の名付け親、初代編集者でもある。著書に『ノーライフキング』、『ボタニカル・ライフ』(講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(野間文芸新人賞受賞)など。
武田砂鉄(たけだ・さてつ)/1982年生まれ。ライター。著書に『紋切型社会』(第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論』『コンプレックス文化論』『日本の気配』など。「cakes」で毎週、芸能人・テレビ評を連載中。(撮影/小山幸佑・写真部)

いとうせいこう(左)/1961年、東京都生まれ。作家、クリエイター。ナンシー関の名付け親、初代編集者でもある。著書に『ノーライフキング』、『ボタニカル・ライフ』(講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(野間文芸新人賞受賞)など。
武田砂鉄(たけだ・さてつ)/1982年生まれ。ライター。著書に『紋切型社会』(第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論』『コンプレックス文化論』『日本の気配』など。「cakes」で毎週、芸能人・テレビ評を連載中。(撮影/小山幸佑・写真部)"

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい