佐藤優が解説「ロシアを巡る国際政治」 北方領土、北朝鮮問題の行方は?

  • 佐藤優(さとう・まさる)/元在ロシア日本国大使館三等書記官。15歳で初めてソ連・東欧を旅したことが著書『十五の夏』に(撮影/写真部・小山幸佑)

    佐藤優(さとう・まさる)/元在ロシア日本国大使館三等書記官。15歳で初めてソ連・東欧を旅したことが著書『十五の夏』に(撮影/写真部・小山幸佑)

  • 北方領土問題/第2次世界大戦末期、当時のソ連が択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4島を占領。1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞・色丹の2島を日本に引き渡すと明記したが、膠着状態が続く。2016年12月の日口首脳会談では北方四島での「共同経済活動」の実現に向け協議を始めることで合意 (c)朝日新聞社

    北方領土問題/第2次世界大戦末期、当時のソ連が択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4島を占領。1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞・色丹の2島を日本に引き渡すと明記したが、膠着状態が続く。2016年12月の日口首脳会談では北方四島での「共同経済活動」の実現に向け協議を始めることで合意 (c)朝日新聞社

  • 関連記事

    • 北方領土2島返還はプーチン大統領が日本に迫る「踏み絵」なのか? 本当の狙いとは

      北方領土2島返還はプーチン大統領が日本に迫る「踏み絵」なのか? 本当の狙いとは

    • 「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

      「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

    • 北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?

      北方領土「2島先行返還」は日本にとって損か得か?

    写真の記事を読む
佐藤優(さとう・まさる)/元在ロシア日本国大使館三等書記官。15歳で初めてソ連・東欧を旅したことが著書『十五の夏』に(撮影/写真部・小山幸佑)
北方領土問題/第2次世界大戦末期、当時のソ連が択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4島を占領。1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞・色丹の2島を日本に引き渡すと明記したが、膠着状態が続く。2016年12月の日口首脳会談では北方四島での「共同経済活動」の実現に向け協議を始めることで合意 (c)朝日新聞社
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 北方領土交渉、日本はプーチンに「足元を見られている」?

    北方領土交渉、日本はプーチンに「足元を見られている」?

    AERA

    1/22

    「北方領土のことを忘れるな」鈴木宗男 参議院議員インタビュー

    「北方領土のことを忘れるな」鈴木宗男 参議院議員インタビュー

    週刊朝日

    6/9

  • ウクライナ紛争ぼっ発 安倍首相の「宿題」北方領土返還が遠のいた

    ウクライナ紛争ぼっ発 安倍首相の「宿題」北方領土返還が遠のいた

    週刊朝日

    3/13

    鳩山元首相 クリミア「侵略」官房長官の失言に言及

    鳩山元首相 クリミア「侵略」官房長官の失言に言及

    週刊朝日

    4/17

  • 「対ロ外交に大きな損失」 安倍晋三元首相銃撃事件 鈴木宗男参院議員が振り返る

    「対ロ外交に大きな損失」 安倍晋三元首相銃撃事件 鈴木宗男参院議員が振り返る

    AERA

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す