写真・図版 | ストレスも関係? ネバネバではなく“サラサラ唾液”にする方法〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ストレスも関係? ネバネバではなく“サラサラ唾液”にする方法 2/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#ヘルス

「誤嚥性肺炎には2通りあります。ひとつは物をのみ込む『嚥下力』が弱くなることによって飲食物を誤嚥し、気管に入ってしまうことから起きる誤嚥性肺炎。もうひとつは唾液の分泌が減り、口の中に異常繁殖した細菌が気管に入ることから起きる誤嚥性肺炎。高齢者に多いのは圧倒的に後者です。唾液は口腔内を洗浄し、細菌の繁殖を予防するという役割を担っています。誤嚥性肺炎を防ぐためにも、唾液の分泌は必要なのです」(植田さん)(週刊朝日 2018年6月29日号より)

「誤嚥性肺炎には2通りあります。ひとつは物をのみ込む『嚥下力』が弱くなることによって飲食物を誤嚥し、気管に入ってしまうことから起きる誤嚥性肺炎。もうひとつは唾液の分泌が減り、口の中に異常繁殖した細菌が気管に入ることから起きる誤嚥性肺炎。高齢者に多いのは圧倒的に後者です。唾液は口腔内を洗浄し、細菌の繁殖を予防するという役割を担っています。誤嚥性肺炎を防ぐためにも、唾液の分泌は必要なのです」(植田さん)(週刊朝日 2018年6月29日号より)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい