写真・図版 | 「瀬戸内寂聴さんと7年間つきあっていた」井上荒野さんが語る父・光晴さん〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「瀬戸内寂聴さんと7年間つきあっていた」井上荒野さんが語る父・光晴さん 5/5

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

井上荒野(いのうえ・あれの)/1961年、東京都生まれ。小説家。2008年、『切羽へ』で直木賞、11年『そこへ行くな』で中央公論文芸賞、16年『赤へ』で柴田錬三郎賞など受賞多数。近刊に『その話は今日はやめておきましょう』がある。現在、父親と一時期不倫関係にあった瀬戸内寂聴氏と、母親との3人をモデルに、女性2人の1人称で描く小説「あちらにいる鬼」を「小説トリッパー」に連載中

井上荒野(いのうえ・あれの)/1961年、東京都生まれ。小説家。2008年、『切羽へ』で直木賞、11年『そこへ行くな』で中央公論文芸賞、16年『赤へ』で柴田錬三郎賞など受賞多数。近刊に『その話は今日はやめておきましょう』がある。現在、父親と一時期不倫関係にあった瀬戸内寂聴氏と、母親との3人をモデルに、女性2人の1人称で描く小説「あちらにいる鬼」を「小説トリッパー」に連載中

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい