写真・図版 | 「瀬戸内寂聴さんと7年間つきあっていた」井上荒野さんが語る父・光晴さん〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「瀬戸内寂聴さんと7年間つきあっていた」井上荒野さんが語る父・光晴さん 1/5

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

井上光晴(いのうえ・みつはる)/1926年、福岡県生まれ。小説家。社会の弱者を描く小説を多数執筆、『死者の時』『地の群れ』など、代表作多数。大腸がんを発症し、92年、66歳で死去。その晩年の様子は、原一男監督によるドキュメンタリー映画「全身小説家」に描かれている。写真右。娘である井上荒野(左)が小説家としてデビューした28歳のとき、新聞の取材で。「お父さんを追い越す自信はありますかと聞かれ、私のほうが長生きするからと答えたのを覚えています」(井上荒野)

井上光晴(いのうえ・みつはる)/1926年、福岡県生まれ。小説家。社会の弱者を描く小説を多数執筆、『死者の時』『地の群れ』など、代表作多数。大腸がんを発症し、92年、66歳で死去。その晩年の様子は、原一男監督によるドキュメンタリー映画「全身小説家」に描かれている。写真右。娘である井上荒野(左)が小説家としてデビューした28歳のとき、新聞の取材で。「お父さんを追い越す自信はありますかと聞かれ、私のほうが長生きするからと答えたのを覚えています」(井上荒野)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい