写真・図版 | 監視社会の中国では忘れ物がちゃんと見つかる? 難治がんの記者が感じた「自由」の意味〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

監視社会の中国では忘れ物がちゃんと見つかる? 難治がんの記者が感じた「自由」の意味 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は抗がん剤治療を受けるなど、闘病中

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加