写真・図版 | プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

プーシキン美術館館長 マリーナ・ロシャクさん(左)、現代美術作家 森村泰昌さん/森村さんは1985年、ゴッホの自画像に扮する写真作品を皮切りに、自画像作品で注目を集めてきた美術家。ロシャクさんは前衛美術のキュレーターなどで活躍していた2013年、同美術館の館長に電撃的に就任(撮影/植田真紗美)

プーシキン美術館館長 マリーナ・ロシャクさん(左)、現代美術作家 森村泰昌さん/森村さんは1985年、ゴッホの自画像に扮する写真作品を皮切りに、自画像作品で注目を集めてきた美術家。ロシャクさんは前衛美術のキュレーターなどで活躍していた2013年、同美術館の館長に電撃的に就任(撮影/植田真紗美)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい