写真・図版 | マネックスグループ松本大社長が語る仮想通貨のリスクと将来性 「NEM取り戻すのは困難」「世界中から来るハッカーに備える」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マネックスグループ松本大社長が語る仮想通貨のリスクと将来性 「NEM取り戻すのは困難」「世界中から来るハッカーに備える」 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

松本大(まつもと・おおき)/1963年生まれ。東京大学法学部卒。米金融大手のソロモン・ブラザーズやゴールドマン・サックスに勤務。99年にオンライン証券の草分けであるマネックス証券を設立。2004年にはマネックス証券の持ち株会社であるマネックスグループを立ち上げ、証券とグループの経営トップとなった。15年に証券の社長はいったん離れたが、17年に復帰。現在はマネックスグループの会長兼社長で、証券の社長も兼務している(撮影/多田敏男)

松本大(まつもと・おおき)/1963年生まれ。東京大学法学部卒。米金融大手のソロモン・ブラザーズやゴールドマン・サックスに勤務。99年にオンライン証券の草分けであるマネックス証券を設立。2004年にはマネックス証券の持ち株会社であるマネックスグループを立ち上げ、証券とグループの経営トップとなった。15年に証券の社長はいったん離れたが、17年に復帰。現在はマネックスグループの会長兼社長で、証券の社長も兼務している(撮影/多田敏男)

[ビジネスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加