写真・図版 | 大林宣彦の思い出の味 天皇家3代に仕えたシェフのフレンチ〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大林宣彦の思い出の味 天皇家3代に仕えたシェフのフレンチ 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日#人生の晩餐

牛肉の煮込みクラシックスタイル「噛んでおいしい肉」を目指し、赤ワイン、野菜、ポルトワインでじっくり煮込んだ。写真は黒毛和牛の肩肉だが部位は仕入れによって変わり、それに合わせて煮込み方も変更する。このメニューは事前の予約が必要。3200円。コースのメインにも組み込める。税込み、サ料5%要(撮影/写真部・加藤夏子)

牛肉の煮込みクラシックスタイル
「噛んでおいしい肉」を目指し、赤ワイン、野菜、ポルトワインでじっくり煮込んだ。写真は黒毛和牛の肩肉だが部位は仕入れによって変わり、それに合わせて煮込み方も変更する。このメニューは事前の予約が必要。3200円。コースのメインにも組み込める。税込み、サ料5%要(撮影/写真部・加藤夏子)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい