漢方で使われる「甘草」はやっかいな生薬? 帯津先生が解説

  • 帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

    帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • ※写真はイメージ

    ※写真はイメージ

  • 関連記事

    • 漢方薬を国産に!!輸入頼みの「甘草」を国内で栽培する試み

      漢方薬を国産に!!輸入頼みの「甘草」を国内で栽培する試み

    • 日本の薬は少ない!? 中国で漢方薬がたくさん処方されるワケ

      日本の薬は少ない!? 中国で漢方薬がたくさん処方されるワケ

    • 八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

      八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

    写真の記事を読む
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある
※写真はイメージ
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 漢方薬にも副作用はある? 副作用が出やすい漢方薬は? 専門医が疑問に回答

    漢方薬にも副作用はある? 副作用が出やすい漢方薬は? 専門医が疑問に回答

    dot.

    4/17

    将来は医学の主流に? “東洋医学”が「より本質的」な理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    将来は医学の主流に? “東洋医学”が「より本質的」な理由

    週刊朝日

    8/3

  • 日本漢方が「セミオーダー医療」と呼ばれる理由

    日本漢方が「セミオーダー医療」と呼ばれる理由

    dot.

    4/14

    長く飲まないと効果が出ない? 意外に多い“漢方”にまつわる勘違い

    長く飲まないと効果が出ない? 意外に多い“漢方”にまつわる勘違い

    dot.

    4/23

  • 意外と知らない「漢方薬」と「西洋薬」の違い 健康寿命にはどっちがいい?

    意外と知らない「漢方薬」と「西洋薬」の違い 健康寿命にはどっちがいい?

    週刊朝日

    10/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す