写真・図版 | 綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#林真理子

綿矢りさ(わたや・りさ)/1984年、滋賀県に生まれ、京都府で育つ。2001年、高校在学中に初めて書いた小説「インストール」で第38回文藝賞を当時最年少の17歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中の04年、2作目の『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を最年少で受賞。12年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を受賞。著作に『憤死』『ウォーク・イン・クローゼット』『手のひらの京』『私をくいとめて』など。12月23日に同名小説の映画化「勝手にふるえてろ」が公開。(撮影/写真部・大野洋介)

綿矢りさ(わたや・りさ)/1984年、滋賀県に生まれ、京都府で育つ。2001年、高校在学中に初めて書いた小説「インストール」で第38回文藝賞を当時最年少の17歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中の04年、2作目の『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を最年少で受賞。12年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を受賞。著作に『憤死』『ウォーク・イン・クローゼット』『手のひらの京』『私をくいとめて』など。12月23日に同名小説の映画化「勝手にふるえてろ」が公開。(撮影/写真部・大野洋介)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい