写真・図版 | 人は陽が少なく、陰が多い? 陰陽に基づく漢方医学の源流とは〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人は陽が少なく、陰が多い? 陰陽に基づく漢方医学の源流とは 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#健康

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい