写真・図版 | 「国民を支配しやすい」憲法を学んだ大工が危惧する「自民改憲草案」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「国民を支配しやすい」憲法を学んだ大工が危惧する「自民改憲草案」 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

明良佐藤(あきよし・さとう)/1943年、東京生まれ。40歳で栃木県茂木町に移住。「戦後カレンダー」は朝日新聞「天声人語」でも紹介された。著書に憲法の先進性を描いた『八月十五日のうた』(随想舎)

明良佐藤(あきよし・さとう)/1943年、東京生まれ。40歳で栃木県茂木町に移住。「戦後カレンダー」は朝日新聞「天声人語」でも紹介された。著書に憲法の先進性を描いた『八月十五日のうた』(随想舎)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい